浮気調査を探偵に依頼して料金トラブル

MENU

浮気調査を探偵に依頼して料金トラブル

探偵に浮気調査を依頼する方は成功報酬の意味を取り違えている方もいるようです。
例えば結果がシロ、浮気無しとなったと仮定します。

 

利用者は、浮気の証拠が出たときが成功だと思っており、浮気していた場合にのみお金を払うと思っていますから、証拠なし・浮気シロの場合には報酬は支払う必要がないと思っていることがあります。
料金トラブルの原因の中でも多いですよ。

 

このような意味の取り違で、探偵社と依頼者の間で料金トラブルが起こることがあるのです。

 

トラブルにならないために大事なのは、自分が何を求めていて明確にいくら費用がかかるのか、きちんと事前に整理して把握することです。

 

また、想定される様々なケースでの料金見積もりを出してもらうようにしましょう。

 

一週間の浮気調査で証拠が掴めなかった場合の費用はいくらなのか。

 

浮気調査を始めて2日目に、証拠を掴めた場合の費用はいくらなのか。

 

出張先や旅行先まで尾行して調査をするとなるといくらかかるのかなど。

 

相手の行動範囲内、予想できる範囲内でいいので、様々なケースの見積もりをもらえれば幾らか安心できます。

 

探偵社の中には、電話対応がとても良く親身だったのに、実際に会社に行ってみたら勧誘がしつこかったという残念な話も時折耳にします。

 

評判が良くない探偵会社というのはネットでもすぐに口コミ情報があがりますから、会社に訪問する前に事前に探偵会社の口コミ情報など調べておくとよいですよ。

 

トラブルを未然に防ぐ、またはしつこく契約を迫られた場合の対処法として、浮気調査の依頼にも信頼できる第三者と一緒に行かれた方がいいでしょう。

浮気調査を探偵に依頼して料金トラブル2

浮気調査でよくあるトラブルの1つに、依頼者が成功報酬制度の「成功」の真意を取り違えて認識していたが故のものです。

 

よくあるケースとしては、浮気調査をした結果、相手が浮気をしていなかった場合です。

 

依頼者は「成功」を、浮気がクロであった場合で証拠が掴めたときだと思っていて、浮気がシロであり証拠も無かったので報酬は支払わなくても良いと思っていることもあるそうです。

 

このような取り違いが起こり、探偵社と依頼者の間で料金精算の際にトラブルとなることも少なくないようです。

 

こういったトラブルが起きないために、自分が何を求めていて、最終的に費用はいくらとなるのか、正確な額を事前に把握しておかなければなりません。

 

また、各種ケースを想定して、それらのケースの料金見積もりを出してもらうとよいでしょう。

 

浮気調査を一定期間続けた結果で証拠がゼロであった場合にはいくらになるのか。

 

浮気調査を開始して翌日、証拠を掴んだとしたらいくらになるのか。

 

宿泊付きでの尾行、出張先や旅行先まで尾行を依頼するといくらかかるのか。

 

尾行する相手の行動や予定を、把握している範囲・予想できる範囲内でのケースを設定して見積もりを作れば安心できるでしょう。

 

電話対応は優しく親身で一流だった探偵社でも、打ち合わせで会社に行ったとたん態度が横柄になったり強引に契約を迫ったりという探偵社もあります。
悪評がある業者はネットで情報を知ることができる場合も多いので、訪問前に探偵会社についてネットでもリサーチしておきましょう。

 

トラブルが発生しないよう、もしくは強引に契約書にサインさせようとする業者にあたった対策として、できれば信頼できる第三者と浮気調査依頼に出かけたほうがいいでしょう。